トラストフォーマットの重要ポイント【ABテスト】

  1. ホーム
  2. chevron_right
  3. デザイン
  4. chevron_right
  5. トラストフォーマットの重要ポイント【ABテスト】
folder_openデザイン, 事例, 考え方
commentコメントはまだありません

 

今回は、トラストフォーマットの重要なポイントの一つである「ABテスト」について解説します。

ABテストとは‥元となるAパターンと、その一部を変更したBパターンを用意し、どちらがよりCVR(コンバージョン率)やCTR(クリック率)が高いかを比較検証すること。AパターンとBパターンをランダムに表示して測定する。

 

1.ABテストが重要な理由

 

大手新聞社のウェブサイトに似たデザインと、ド派手でいかにも「怪しげ」なデザイン、あなたならどちらのサイトで買い物したいと思いますか?

つまり、「いかにお客様に信頼されるサイトデザイン(=トラストフォーマット)であるか」が、売れるサイトを作るうえで重要なポイントなのです。

トラストフォーマット=信頼される書式、画像

 

ここで、トラストフォーマットの事例として、ボタンの色をご紹介します。

※今回は、OSがWindowsXP最新バージョン時代のデザインを事例として解説します。

2001年にリリースされたWindows XPでは、スタートボタンが緑色でした

こちらその当時のFirefoxのボタンのデザインです。

 

その当時、Firefoxはボタンの色をABテストしています。

①~④のうち、どれが一番クリックされたと思いますか?

①緑 

②青

③紫

④橙 

 

 

 

答えは・・・

 

 

①緑 930,752 
②青 256,344
③紫 255,894
④橙 255,811

 

 

同様に、某ネットショップも注文ボタンをABテストしています。

①と②、どちらのボタンがよりクリックされたと思いますか?

 

①青

 

②緑 

 

 

 

 

答えは

②の緑です。

この2つのテスト結果からわかるように、当時のWindows XPのボタンの色が信頼されていたから、同じ「緑のボタン」がクリックされやすかったのです

そして、次第に緑色のボタンを取り入れるサイトが増えていきました。

2.トラストは永遠ではない

同時に、怪しい・危険なサイトも緑色のボタンを使うことが増えてきました。

安心して緑色のボタンを押した途端、怪しげなサイトに飛んだり、無数のウインドウが勝手に開いたり…

そんな経験をしたユーザーは、次第に緑色のボタンを押すことにためらいを感じていきます。

つまり、緑色のボタンは、トラスト(信頼)を失ったのです。

 

3.「今、何が信頼されているのか?」をABテストで知る

流行と同じように、信頼も時間とともに変わっていきます。

「今、何が信頼されているのか」を知るために重要なのが、ABテストです。

緑色のボタンがトラストを失った後、某サイトが行ったボタンの色のABテストの結果を見てみましょう。

 

このように、青色のボタンがもっともCVRが高いという結果が出ました。

これは、青色のボタンの色が信頼されていたためです

なぜ青色のボタンなのかというとWindowsのスタートボタンが緑から青に変わり、それがトラストされたからなのです。

青のボタンがCVRが上がるので、他のサイトでも青色のボタンを採用するようになりました。

 

つまり、移り変わっていくトラスト(信頼)を、ABテストで常に追いかけていくことが、売れるサイトを作る重要なポイントと言えるのです。

4.まとめ

売れるサイトは、自分の感覚で美しくデザインするのではなく、お客様に信頼されるデザインかどうかを考えることが重要なポイントです。

そして、お客様のトラスト(信頼)は常に変化していきます。

そのため、ABテストで「今のトラストフォーマット」を追求し続けることも忘れてはいけません。

トラストフォーマットについて、もっと知りたい、深く学びたい!と思われたら・・・

トラストフォーマットのエッセンスを半日にギュッとまとめた1Dayセミナーを開催しています!

ご都合が合えば、ぜひ!お待ちしております。

こちらクリック↓ 

トラストフォーマット1Dayセミナーをのぞいてみる

 

Tags: , , , , , ,

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー